オーストラリアでワーキングホリデー

オーストラリアは日本人にもなじみの深い国です。

旅行などで出かけたことがある人も少なくないでしょう。

古くから日本との間にはワーキングホリデー制度があり、1年間、アルバイトをしながら語学学校で英語を学び、広いオーストラリア大陸を旅行して周ることが許されています。

一般的に、観光で出向けば長くても3か月程度の滞在許可しかおりないので、1年間という期間で目いっぱい海外生活を楽しむことができます。

ワーキングホリデーの最大の特長は、1年という長期間海外に滞在できることだけでなく、滞在期間に関しては、旅行、勉強、仕事の全てが可能になるという点です。

あれもやってみたい、こんなところにも行ってみたい、なんでもチャレンジしてみたいと欲張る気持ちがある人には、最適のビザです。

★詳細については→AIC

オーストラリアは日本人観光客も多く、アジア系の移民も少なくない場所です。

広大な国土には手つかずの自然が残り、さまざまなユニークな動植物が見つかります。

オーストラリアでなければ見ることのできない独特の進化を遂げた動物を身近に見ることもできます。

美しいビーチではマリンスポーツを楽しむこともできます。

一方ではファームの仕事があり、資源国にふさわしいマインでの仕事があるかと思えば、シドニーなどの都市部では、日本食レストランから旅行代理店まで、都市部型の仕事にチャレンジすることもできます。

英語を学ぶためのランゲージスクールも多く、大学も少なくありません。

好奇心とチャレンジ心があれば、1年間にできることは無限大です。